飲食業

プロントのバイト評判のまとめ。夜のバータイムって大変?

投稿日:

プロントは特徴的なお店が多く、コーヒーや紅茶、ソフトドリンクの他に、夜ではお酒も同時に提供しているカフェバースタイルの営業を兼業しています。

昼はカフェスタイル、夜間からはカフェと飲酒が出来る、ライトなカフェバースタイルが特徴で、とても魅力的な店舗が多いのも特徴でしょう。

そんなプロントもバイトの募集を常に行っているほどたくさんの募集がありますが、バイトの内容はどんな感じなんでしょうか?

また夜から「バータイム」になるのでお酒の知識などなければ大変・きついのか?など不安などたくさんあると思います。

そこで気になるのはやはり評判ですよね。今回はプロントのバイト評判について調べてみました。また、仕事内容や面接のことなどもご紹介します!

プロントのバイト評判と口コミを紹介!

全員良い子ばかりだった
プロントは不思議なお店です。昼と夜と2つの顔があって、それぞれ異なる雰囲気でバイトができるというのがよい点でもあるかな。
またこのようなお店なので、結構オシャレさんっぽい子ばかりバイトでいるけど、全員喋りやすくすぐ仲良くなれたのが良かったですね。
上司も嫌な人がいなかったので、私がバイトしていたお店がラッキーだったのかもしれませんが、本当いい環境でバイトができました。今でも感謝していますね。
プロントでスキルアップが可能
プロントは社内コンテストなどがあり、スキルアップができるバイトでもあります。審査をするのは誰だか分からないので、常に真剣に毎日仕事をすることができました。
私は審査で落ちたのですが、さまざまな体験ができて自分自身成長したと思いました。バイトで経験したことは今後生きてくると思うし本当おすすめです!
やりがいがあり楽しい仕事
朝から昼までのバイトでしたが、朝の時間帯は特に出勤前のセカセカしたサラリーマンや、常連のお客様が多く、いつも同じ物を頼まれる方ばかりなので、お客様の顔といつものメニューを覚えるのに必死でした。
でも慣れてくると、笑顔で余裕を持って対応出来るようになるので、それくらいからはとても楽しく仕事出来てた気がします。
お客様に顔を覚えて頂いて、ちょっとだけする会話も楽しみの一つになりました。
辞める時に寂しがってくれる方もいらっしゃって、大変ではあったけど、やりがいもあったし機会があればまたやりたい仕事の一つです。
それほど忙しくなかった!
カフェでのバイトは敷居が低めなので、当時バイト経験に乏しかった私でも難なくこなせました。
ファストフード店や居酒屋に比べると、回転率が低くスピードが要求されないので、目が回るほど忙しいということはありませんでした。
そのため、先輩方や社員の方からゆっくり丁寧に指導を受けられたので、安心して勤められました。
お客様もゆっくりと時間を過ごす方が多く、全体的に穏やかな雰囲気の職場で、バイト仲間同士の関係も良好でした。
夜のバータイムもお酒の知識なども最初は全くなかったのですが、自然と覚えるので全く問題ないと思います。
唯一問題だったのは、勤めていた店舗に喫煙席があったことです。私はタバコを吸わないので、においが鼻につき不快に思うことがありました。
バータイムは難しいかも
夜のバータイムになるといろいろなお客さんが来るのですが、やはりお酒を提供するということで、いろいろな注文が入ったりするので難しさがありました。
お酒の知識がなくてもマニュアルがあるので大丈夫なのですが、それでも最初の頃、バーカウンターにいるのは凄く緊張しました。またカフェで働いているという感じがしなかった。
どちらかというと高級居酒屋でバイトしているような感じかな…ただ意外と酔っ払いはいなかったですね。また接客が苦手な人は向いていないと思います。
忙しい日も多い
夜のバータイムは立地や曜日によって忙しさが違いますね。喋る暇もないぐらいに忙しい日もあれば、凄く暇な日だってある。
金曜日なんか特に忙しかった印象がありますね。逆に朝も一緒で超忙しいと思う時もある。そう思うと日によって激しさが違うかな。
バイトをしていたけど超忙しい時間帯・曜日が運悪く重なってばかりだったので、辞めてしまった…。
覚えることが結構ある
大学生になってようやく憧れのカフェのバイトでプロントに。他のバイトとは違い何でもしなくちゃいけなかったので、とにかく覚えることがいっぱい!
セルフサービスではないので接客もしないといけないし、場合によってはキッチンや洗い場なども担当していたので、凄く大変な印象があります。
また接客など厳しく店長から結構何かと注意を受けたことが多々ありました。
混雑が凄かった
とにかく見かけによらず忙しい店で、カフェで働くのははじめてだったので、てんやわんやでした。
地下街の中にあり、買い物途中にお茶しに来る人や、営業マン風の人や、地下街で働いている人や近隣のビルの人などが来店し、昼間はすごく忙しい。
お客さんのレジも混む場合があり、そんな時は運ぶ人が戻って来てないのにどんどん料理だけ出て、いつもドキドキでした

プロントのバイト 知恵袋での評判は?

 

最初はメニューや卓番やハンディーなど覚えることが沢山で大変ですが、質問主さんと同じようにバイトが初めての人も何人も見てます!
皆できるようになってます!安心してください。私はコンビニもファストフードも体験しましたが、絶対にプロントをオススメしますよ

 

私はカフェタイムで働いてますが、バータイムに未成年の子もバイトしてますよ!!だいたいはホールでお客様に注文を聞いて提供したりします。
お酒に関する知識が無い子だっていますよ。働きながら覚えていくので大丈夫です^^
私もカフェの知識ちんぷんかんぷんでしたが、周りのキャストさんが丁寧に教えてくれたので覚えられました

 

いろいろ勉強したいと思うのならプロントお勧めします。パスタが食べれるからビジネスマンとか結構多いです!
ピークは大変だと思うけどきっと楽しいです!

 

髪の明るさですが、店舗によって「この明るさまではOK!」という基準がバラバラなようです。
プロントには直営店とチェーン店があり、チェーン店ではその店の店長がルールなので、「ピアスもダメ。染髪も暗めじゃなきゃダメ。」という店舗があったりするようです。
求人情報等での情報はもちろん、一度働こうと思っている店舗に行って、実際働いているスタッフを見てみるのがいいかと^^

 

覚える事は多く、Menuの正式名は当然(長くてややこしいしすぐ新メニューがでる)
バーマン(酒作る人)は厳しいと思います。酒に詳しくない女の子はホールで酒を運ぶ方かな

 

ずっと過去にバイトしたことありますが、まぁ作業ですし、週末とか忙しければパニック状態です。
バーテンダーの雰囲気を求めている、または技術を習得したいなら、他を探したほうが良さそうですけど

 

自分が働いていたときは、全席喫煙から分煙へと移行しましたね。全席喫煙のときはタバコの臭いがかなりついた記憶があります。
分煙してからは軽くなったとはいえ、やはりタバコの臭いがつくことは避けられそうにないと思いますよ。

 

プロントのバイト応募で得する方法とは!?

バイト求人サイトは現在山ほどあります。しかしその中でも一番良いサービスを使うのが理想的でしょう。そこでプロントのバイト求人を見つける場合に使いたいサイトがアルバイトEXです。

このサイトでは一般的な求人サイトとは異なり得するサービスを行っており、バイトに応募し勤務開始すると「祝い金」というお金が貰えるのです!(祝い金対象のバイトのみ)

他のサイト経由でバイト応募するよりかはメリットがありますので、もしプロントのバイトに興味があるのであれば利用してみてはいかがでしょうか。

またアルバイトEXって何?と思う人も多いと思いますので、以下にサイト情報をまとめてありますのでご覧ください。

アルバイトEXが安全に使える理由とお祝い金の申請方法を解説

プロントのバイトで仕事内容について

ホール

まず朝の開店準備ですが、店内清掃、食器やシルバー類(スプーンやフォークなど)の準備などがあります。

基本ホールは接客がメインですが、開店したら、エスプレッソやカプチーノなどドリンク類の提供などをする時もあります。またオーダーと精算などホール担当はします。

そしてテーブルを拭いたり食器を下げたりする仕事があります。レジについては複雑ってこともありませんので、恐らく誰でもマスターできると思います。

また混む時間帯にミスをしないようにするのがポイント。特にオーダー取りはきちんとしておかないと、トラブルの原因となります。

閉店時間が近づいたら、お客様にお声をかけ、閉店作業に入ります。作業の内容としては、店内清掃や商品を冷蔵庫に移したり、レジの精算、店舗の戸締りなどがあります。

キッチン

キッチンはパスタやトーストの調理が主な仕事です。(夜はメニューもまた変わる)かなり体力を使いますし、熱いのでキッチンの仕事は男性のスタッフが結構多いです。

またプロントは夜以外のメニューはカフェフードの提供となるのですが、メニューについてそこまで多くないので覚えやすいです。夜はバーフードメニューとなりますので一気にメニューが増えます。

お酒のつまみに最適なものばかりですので、お酒好きにとっては覚えやすいかもしれませんが、逆にお酒に興味がなければ覚えるのも苦労しそうです。

ただ、キッチンもマニュアル通りにするだけでOKですので、覚えるというよりも慣れが重要となってきそうです。

バーマン(バーテンダー)

バーマンの仕事は主に、お客様の求めに応じてカクテルなどの飲み物をつくり、提供することです。そのため、基本的なカクテルの種類や作り方に通じておく必要があります。

ただこちらも難しいというよりも、基本覚えるということが重要です。シェーカーの振り方によって、アイスの溶け方、砕け方がかわり、味に違いが出てしまいます。

また、層を作るタイプのカクテルでは、注ぎ方も重要になってきます。このような基本的なスキルに加え、バーテンダーにはお客様をよく観察し、上手なコミニュケーションを取る必要があります。

お客様の求めていることを察するスキルが求められると言えるでしょう。

プロントのバイトで面接はどんな感じ?

履歴書は不要な店舗もある

履歴書不要とした、随時募集という形の店舗が多くあるのがプロントの特徴でもあります。従って電話やサイトから申し込んで、指定した日にちと時間に店舗に直接行き、面接を受けて採用の合否を決めることになります。

履歴書不要ということは、専用のシートに記入する形での方法となります。ですが履歴書はあっても役立つので、事前に作成しておいてもいいでしょう。

何か分からないことがある場合、チェックすることができますので。逆に履歴書が必要な店舗は履歴書に空白の部分がないよう、しっかりと作成しましょう。

履歴書の書き方については以下のページで詳しく書いています。

バイト履歴書の書き方で悩む場合は要チェック!書く内容ってどうしたらいい?

髪色・アクセサリーは?

プロントは求人詳細ページにて「髪色自由」と記載している案件も結構多くあります。ただ、いくら髪色自由といってもあまり明るい髪色はNGとなります。

またピアスで目立つものは許可していません。一例ではピアスは透明ならOKで、ある程度の規定を設けている店舗も存在します。

髪型は、男性では短いこと、女性であれば髪をキチンとまとめてあれば問題ないとしています。総合的な判断については各店舗ごとに違いがあります。

ですので面接の時は無難にアクセサリーは外しておくこと、また髪の毛の色や髪形も無難なスタイルで面接に挑むといいでしょう。

良くある質問とは一体?

面接では飲食店経験の有無、そして勤務可能な時間と、勤務できる最長の期間を申告できることが条件です。

開いている時間で4時間以上あれば、バイトが出来ることが可能となってる店舗が多いですが、原則長期アルバイト優遇の印象があります。

長期期間勤務をやや優遇していることが多いので、いつからいつまでの期間で働けるかどうかは、面接で聞かれる可能性が高いでしょう。

その他一般的に良く聞かれること(シフト・志望動機)なども聞かれる可能性が高いですので、受け答えがしっかりできるようにしておく必要があります。

また原則、お酒を提供するので未成年かどうかを聞かれます。お酒を扱い来客には男性も非常に多いと予想されるので、接客態度にはやや厳しいことが考えられます。

丁寧語、態度や表情なども面接ではよく見られることになるでしょう。

プロントのバイト基本情報

研修制度について

研修ありと、特に明記していない店舗がありますが、未経験者OKとしているので、研修有りとしている場合は基本的に店舗内の営業中に、先輩バイト店員や経験者による研修という形を取っています。

また研修期間時給を設定している店舗もあります。またお酒を提供する店がほとんどですので、ビールの注ぎ方、カクテルの注ぎ方などを学べる場合もあります。

勤務時間

平日午前7時や、午前6時30分からなど、比較的勤務時間のスタートは早いです。土日が勤務時間を短くしている店舗もあり、営業終了時刻は夜8時30分の場合や、深夜午前0時で終了の場合もあります。

制服

制服に関しては、エプロンは必ず支給、他は制服貸与ありとしか明記されていません。ですので制服はありますが、中に着るシャツや靴などはご自身で用意する必要があります。

靴などもきれいめの靴を用意しましょう。飲食店なので汚れやあまり汚いものは却下されるでしょう。ズボンに関しては、飲食店なので、動きやすい格好が選ばれています。

交通費

交通費は店舗によって規定を設けている店舗や、全額支給などを明記する店舗もありますので、店舗ごとに異なる感じですので、詳しくは求人ページをご覧になった方が早いです。

学生の募集

大学生やフリーター、主婦や専業主夫歓迎を明記する店舗もありますが、高校生は不可という店舗が多いですので、高校生はバイトすることが難しいです。

学歴不問は全店舗共通で、経験者優遇、未経験者OKの場合もあります。

社割

社員割引制度がある店舗は多いです。割引制度があるだけで、無料のドリンクサービスなどは行ってないのが基本です。

社会保険

原則長期間3ヶ月以上から、社会保険などの待遇を設定しています。福利厚生は長期採用の場合で、勤務時間がある程度長ければ受けられるのが基本です。

時給

基本的に首都圏で都心部の場合では、オープニング・スタッフで、時給が1,050円から1,150円であり、他は970円や960円、地方都市では900円から850円からと、時給に関して地方格差がややあることです。

プロントでバイトをするメリット・デメリット


働くメリットとしては、比較的シフトも細かく交代制を取ってる店が多く、シフト自体も1週間単位で都度バイトの都合で、出勤時間を決める店舗も多くあります。

通学日が不定期な学生などでも、バイト可能とした店舗が多いのがメリットです。また外国人アルバイトも歓迎としている寛容な店舗が多いのも、メリットの一つです。

またカクテルを作ったりするので、ある程度の知識を身に着けることもできます。

逆にデメリットとしては、どうしても立地条件の良い場所に店舗があり、コストもかかってるフランチャイズ形式の店舗なので、昇給有りでも長期間募集優遇が多い点からも、昇給に関しては時間が多少かかることが想定されます。

またプロントは昼間はカフェスタイル、夜はバースタイルと営業スタイルが違いますので、仕事なども異なってくるので覚える事が他のカフェとは違って多くあります。

ただ、マニュアルがありますのでデメリットと言えることでもないかもしれません。意外と簡単に覚えられるので、デメリットに感じるかどうかは人それぞれといったところでしょうか。

 

-飲食業

Copyright© バイト求人サイトの特徴や仕事内容・評判をまとめてみた , 2021 All Rights Reserved.