面接

バイト面接の服装はどんな感じがいい?好印象になる服装とは?

投稿日:

アルバイトをするのが初めてなので、面接について良く分からないことはたくさんあると思います。その中でも一番気になるのが「服装」になるかもしれません。

やはり知らない相手なので最初は見た目などで判断されるでしょう。中でも服装はポイントになります。第一印象が悪いと面接もスムーズにいかなくなってしまう可能性だってあるのです。

そこでバイト面接で「どのような服装がベストなのか?」というテーマでココでは服装のイロハを取り上げていますので、是非学んでみてくださいね。

バイト面接の服装でポイントは清潔感

バイトの面接では中身や学歴と同じくらい、外見つまり服装を厳しくチェックされる所が多いです。基本「清潔感」はどの人物にも求められるほどごく当たり前にあるものなのです。

例えば極端な話ですが、ヨレヨレのシャツを着た人がいます。面接に来たとき面接官はどう思うか?第一印象は悪くなる可能性が高いと思いますよね?

逆にアイロンがしっかりかけられているシャツを着た人ではまず印象が違いますし、そこから「この人はマメな人なのだな」と中身を知るきっかけにもなります。

清潔感がないとなにが問題なのでしょうか。例えば飲食店であれば制服をキチッと着れていなかったり、制服が汚れていたりしたら提供される側のお客さんはもちろん嫌だと思いますよね。

飲食店ではなかったとしても、人と触れ合う以上は清潔感は最低限必要です。一緒に働く人がいるならば、余計に清潔でない人と同じ目で見られてしまう可能性があります。

それを経営者や雇う側が見極めるためにもバイトの面接では清潔感が求められますし、面接を受ける側もそこに応えると面接の合格率は上がると思います。

シンプルな服装もポイント

清潔感以外でもシンプルな服装を選ぶことも大切です。派手な服装で面接に挑むよりも、シンプルな服装の方が印象はアップするでしょう。

また面接を受ける職種のテイストに合った服装をするといいです。例えばオフィス系のバイトですと、スーツのようなスタイルがいいと思いませんか?

逆にカフェなどですと落ち着いた感じの服装をしている方が多いですよね。白のシャツ・黒のズボンなどこのようなスタイルの店員さんなど多いと思います。

もちろん他にも色々と職種に合わせた服装選びをするといいのですが、基本シンプルな服装はどのような職種でもOKなのでおすすめです。

但し「アパレル」については違う場合もあります。アパレルのバイトでしたら店舗に合うような服装な望ましいでしょう。

どちらにしても、一度お店を下見してどのような服装の方がいるのか、など調べておくと無難です。

このように服装選びのポイントは清潔感、そしてシンプルな服装と2つポイントがありますので覚えておくといいでしょう。

お勧めの服装 男性編

髪の長さ

出来れば髪の長さは短めの方がベスト。長い髪は年配の方などに「だらしない」と思われてしまう場合だってありますので、長いと思うのであれば切っておこう。

耳にかからない程度の長さがいいでしょう。

上着

襟付きの白いシャツなどがおすすめ。襟付きの白いシャツは、数あるシャツ類の中で1番印象が良いと思います。

首元が見えてしまうとだらしなく見えるので、きちんと上までボタンを留めると尚良いでしょう。

同じシャツでも黒のシャツだと少しホストっぽい感じもあります。かといってチェックの柄物などだと面接にしてはラフです。

なので、色味・柄を考えると白地がシャツが1番清潔感があり、どなたから見ても好印象になります。

パンツ

チノパンツのような動きやすくて、清潔感のある色味の服装がおすすめです。

チノパンツは仕事着などで着用している実例もありますので、非常に動きやすく働く意思が強く感じる事ができます。

革靴やスニーカーなど。派手じゃなければOKです。また汚れている状態は良くないので、出来るだけ綺麗な靴を選びましょう。


お勧めの服装 女性編

髪型

女性の場合長い髪型の人もいます。長い髪の場合は、まとめておいた方が見た目もすっきりしますしお勧めです。

また男性よりかは髪の毛の色に関しては少し明るくてもOKなケースもありますが、やはり基本は黒にしておくといいでしょう。

上着

女性も襟付きの白いシャツなど印象が良いシャツを選ぶといいでしょう。やはり基本は白色が無難ですね。ブラウスなどでもOK。

パンツ

膝下ほどの長さのスカートが良いと思います。膝下スカートの色味は黒や紺、白、ベージュなど落ち着いた色だとその人自身を綺麗に見せてくれます。

派手な色だとスカートの方に視線が行ってしまいがちなので、そこだけ気をつければ大丈夫だと思います。もちろんミニスカートなどはやめましょう。

もちろんスカートではなくシンプルなパンツなどでもOKです。

メイク

メイクに関してはナチュラルメイクがいいでしょう。厚化粧などは控えてこちらも見た目重視で。

靴に関してはパンプスなどがいいでしょう。高校生の場合ですとローファーなどでも問題ないと思います。

スニーカーの場合は明るい色はやめて黒など落ち着いた色のスニーカーがおすすめ。

バイト面接の服装で良くあるQ&A

面接の時、ジーンズではダメなのか?

面接の時にジーンズ(デニムパンツ)など履いていっても基本的には大丈夫です。上でもご紹介しましたがチノパンツなどが無難、というだけでジーパンがNGということではないです。

基本バイトの面接でジーパンで落とされた、という方もほとんどいません。もしいるとしたら珍しい部類に入ると思います。

ですが、ダメージジーンズのように大小関わらず穴が空いている種類の物、1本のジーンズ内で生地の色が違う部分があるつぎはぎ加工のような種類の物はNGです。

面接官側がそういった種類のジーンズに理解がある人物であれば履いていっても問題はないと思いますが、お年を召した方など、一部の人々にはまだまだこういったジーンズの種類の良さなどは理解できない方が多いでしょう。

そういった方からすると、穴が空いているのは「ジーンズが破れるほどこの人は活発なのか」と思わせたり、つぎはぎに対しては「ジーンズ1本も購入できないのか」などと事実と反していても要らぬ心配を掛けてしまいますので、そういった種類のジーンズの着用は控えた方が良いと思います!

着るならばジーンズの中でもきれいめで裾なども切りっぱなしはなく、いわゆるスキニージーンズに近いような形でしたら男女ともに印象も悪くないです。

また年齢にもよると思います。例えば40歳・50歳の男性が面接に訪れた場合、ジーパンよりかはスラックスなどを履く方が無難かと思います。

ただこちらに関しても問題ないケースが多いので、あまり深く考えすぎない方がいいでしょう。

面接はスーツで行った方がいい?

スーツで面接を受けるメリットは「間違い」がない事です。スーツは大体スーツ専門店などで購入する事がほとんどです。

上下で違う柄だとかサイズに合っていないだとか「間違い」がほとんど起こりません。そして統一して言える事は「スーツに対する安心感」を一定の人が持っているという事です。

就職活動などでもスーツ指定される企業が多い事がその事を物語っていますよね。ですがだからといってスーツじゃないと絶対ダメなのかという訳でもありません。

スーツを着る事のデメリットは「その人の個性が無くなる」という点です。なので、上手く清潔感のある私服を選べる事が出来ればスーツではなくても全然問題はないと思います。

また高校生などですと学生服などで面接に挑むのもアリです。服装選びに迷っているのなら学生服を着て面接に行くのも考えておくといいでしょう。

面接で服装自由な場合はどうする?

服装自由の場合、じゃあ自由に好きな服を着て行こう!と思ってしまうと思いますが、基本的に辞めておいた方がいいです。やはり基本は清潔感・シンプルな服装がいいでしょう。

例えば派手な服装で面接にいくと、印象が悪くなってしまうことだって可能性としては無いとは限りません。服装自由と言われて迷う場合は、職場の雰囲気に合わせるのがいいでしょう。

また髪型自由と書かれている場合でも、基本は落ち着いた感じの髪型がいいですね。極力目立つ格好は面接の時は控えておくことが無難となります。

面接の服装はしっかり選びましょう!

面接は一回限りの勝負である事が大体です。なかなか2回、3回と続く面接はアルバイトではなかなかないと思います。つまりその1回で合否が決まるのです。

応募して面接を受けるという事は、少なからずそのバイト先に受かりたいと思っている訳ですので、受かるためにはまず服装をきちんと選ばないといけません。

面接に落ちるかもしれないとしても、適当に選ぶ方は少ないですよね?他の事に例えるならば、付き合いたい異性とデートまでこぎつけて適当に服を選ぶ人はなかなかいないですよね?

つまり、ここ一番の大勝負の時に着る一張羅を選ぶ感覚に近いと思います。きちんと選ぶという事が面接合格への一歩ですので、非常に大事な事だと思います。

-面接

Copyright© バイト求人サイトの特徴や仕事内容・評判をまとめてみた , 2021 All Rights Reserved.