コラム

コメダ珈琲のバイトがきついのは何が原因?理由をまとめてみた

投稿日:

リーズナブルな価格で充実したモーニングが堪能できるコメダ珈琲は、老若男女から人気があり日々賑わっているコーヒーチェーン店です。最近は全国ほとんどの地域でみかけるぐらいの店舗展開をしているお店ですね。

ちなみにバイトもかなり募集をしています。コメダでは高校生バイトなども良く募集していて、最近は良く人手不足と言われており、このような業界も人手については悩んでいるお店もあるようです。

ただ、コメダのバイトは「きつい!」と言っている人が一定数いるのも事実です。ではきついといっても、一体どのような内容なのでしょうか?

全員が全員きついと思ってしまうような内容なのでしょうか?今回はそんな気になる、コメダ珈琲のバイトできついと言われる理由を口コミなどを詳しく調査しまとめてみました。

また逆に楽しい!という意見もありますので、そちらの方も気になるのでしたら一度ご覧ください。

コメダ珈琲のバイトは楽しい?口コミなどを調べてみた結果は?

 

コメダ珈琲のバイトがきついという理由とは?

コメダのバイトがきついと言われてしまう理由について、カテゴリごとにまとめてみました。人間関係から曜日や時間帯まで、それぞれきついと言われている内容が違うので良かったら参考にしてみてくださいね。

 

人間関係がきつい

これはよく聞くきつい意見ですね。コメダ珈琲では営業時間が朝から夜までなので主婦から学生、さらにはフリーターまで働いている年齢層が幅広いです。

そのため主婦は主婦、学生は学生などとグループが出来てしまっている店舗も一定数は存在しているのが現状です。朝と夕方ではメンバーも異なり、仕事がしづらいという意見など多いですね。

もちろんコメダ珈琲に限らず、年齢層が幅広い職場ではありがちなケースだと思いますので、イジメなどに発展していない場合はあまり神経質に気にすることではないと思います。

ただ、バイト内のいじめなども実際はあるのが現状です。もしこのようないじめなどに遭遇してしまったら、上司など相談するか、思い切って辞めてしまうのもいいでしょう。

無理にバイトを続ける必要もありませんし、嫌なら別のバイト先を探せばいいだけです。

上司が最悪なケース

コメダ珈琲ではフランチャイズ店以外の店舗では、正社員の転勤がある場合があります。その為、入社時と上司が変わるといったケースも珍しいことではありません。

そこで新しく配属された上司が、自分と合わない場合もあります。上司によって店舗の雰囲気が良くも悪くも左右されますが、バイトの一存で決めることが出来ない部分なので難しいところだと思います。

稀に上司よりも勤続年数の長い主婦バイトが強いといったケースもあります。そのような店舗では、何か揉めごとが起こって上司に相談しても解決しないケースが多いです。

そのような場合に限っては速やかに別の近隣にあるコメダに異動もしくは、退職を検討した方が良いと思います。

仕事がきついパターン

コメダ珈琲は大人気のコーヒーチェーン店なので、席数も基本的には多くて中には2階建ての店舗もあります。そのため個人店の喫茶店に比べて席やお客様の把握が難しいです。

席数が多くても特に朝や昼に関しては満席の状態で待ち時間が生じるケースも多いです。そのためバイトは常に気配り目配りを求められますし、それをしながら接客やレジ業務をこなさなければなりません。

キッチンの場合では、ひたすらドリンクや食事を作ることになります。こちらに関しては、メリットなのかデメリットなのかは自分次第だと思います。

カフェでの経験を積みたい人や、バイトにやりがいを求める方にとっては非常にメリットになるのではないでしょうか。特に目的や求めるものもなく、バイトを始めた方にとってはコメダでのバイトはハードさゆえに非常に苦痛になるかもしれません。

罰金がきつい?

一時期ネットニュースや掲示板でも大きく話題になった罰金制度。コメダ珈琲のバイトを検討している方にとって最大の懸念点なのではないでしょうか。

詳しくは→コメダ珈琲のバイトがブラックって本当?その理由は罰金が原因?

 

店舗によって罰金制度を取り入れている場合と、そうでない場合があるそうです。例えばオーダーミスをしてしまうと、注文をとったバイトが間違えてしまったドリンクや食事の半額を罰金として徴収される、ということがありました。

法律的にも1日のバイトの半額以上は超えてはならないので、半額以上を徴収されることは無いと思いますが、それでもかなりモチベーションが下がるのではないでしょうか。

これに関しては、バイトでも責任感を持って取り組んでほしい、お客様のオーダーミスをするとその分だけ提供が遅れて満足度が下がるなどの理由だそうで、正しくオーダーを受けて普通にバイトをしていれば、罰金は無いのですが罰金制度が不安な場合は思い切って面接の際に聞いてみるのもオススメです。

しかしこのようなお店はほとんどないので、あまり気にしない方がいいです。

時間帯や場所・曜日によってきつさがある

コメダ珈琲には、きつい時間帯や場所、曜日がある店舗もあります。駅近のコメダは朝かなり早い時間から、出勤前のビジネスマンやOLさんで賑わっています。

そのような店舗では平日がメインで基本的に朝が混み合い忙しいです。しかし、郊外の店舗が暇なのかといえば決してそうではありません。

郊外の店舗では駐車場完備の店舗も多いことからちょっとした打ち合わせや、コーヒーを楽しみながら会話をするお客様で賑わっています。

モーニングの時間帯はもちろん、曜日を問わず昼過ぎでも客足は基本的に多いです。ですので「きついと感じる時間帯」はどの店舗でもあると思っておいてください。

コメダ珈琲は店舗数が多いコーヒーチェーン店だけあって、客足の統計や立地によって忙しい店舗に関しては高めの時給でバイトの募集をかけている場合が多いので、1つの判断材料にしてみてくださいね。

接客がきつい

接客に関しては、幅広い年齢層のお客様が来店するコメダ珈琲だけに気をつけなければならないことも多いです。常連さんに関してはいつも注文されるメニューを覚えておくなどの、ちょっとした気遣いもできると良いと思います。

また気分を害されたお客さんは「怒鳴ったり」するときもあり、このような場面に遭遇してしまうと「きつい」と感じる事でしょう。

お客様に対して失礼のない言葉遣いに加えて、待ち時間が生じているお客様に対しての、案内や気遣いも求められることからコメダのホールでのバイトは、接客がきついと言われているのかもしれません。

立ち仕事なのがきつい

基本ずっと立っての仕事となります。座っての仕事じゃないので、足なども痛くなってきますし、最初はなかなか辛い時期を耐えなくてはいけない時もあります。

ホールもそうですがキッチンも立ち仕事ですので、どちらでも辛い時はあります。ただ慣れると大したことないので、このつらさはすぐに解消出来るでしょう。

クレームがきつい

クレームに関しては、接客業に限らず日々色々なお店や会社で起こります。その為、コメダでのバイトに限ったことではないと思います。

もちろんコメダはお客様が多いので、その分だけクレームが多いということはあるかもしれません。お客様に対して真摯に向き合っていたとしても、クレームになってしまう時はなってしまいます。

中には変わっているお客様もいるので、クレームをゼロにすることは無理だと思います。しかし、適当な接客でクレームを起こしてしまうことだけは避けるように心がけましょう。

 

このように「きつい」と思う部分についてはまだまだたくさんありますが、代表的な辛い部分について触れてみました。こうしてみるとコメダ珈琲のバイトはデメリットに目がいきがちですが、もちろんメリットもあります。

コメダでのバイトはドリンクが無料もしくは割引で飲むことができたり、食事も半額程度になったりと、当然ですがメリットもまだまだたくさんございます。コメダが元々好きでよく通っている方にとっては、特に嬉しいのではないでしょうか。

詳しい仕事内容については以下のページにて。

コメダ珈琲のバイト評判を徹底調査!大変さ・仕事内容まで紹介

 

バイトがきつい時、すぐに辞めてもOK?

バイトを始めてやっぱり自分にはきついと感じてしまった際に、どうすればいいのでしょうか。研修期間であれば1ヶ月前に言わなくても退職できる店舗もありますが、研修でもスタッフの一員ですので上司に相談をすることはマストです。

罰金制度がある店舗であれば、1ヶ月前に退職の旨を伝えておかないと罰金対象になる場合もあるという話もありますので要注意です。

しかし、罰金があるにしても無いにしても退職したい時はまわりへの負担を最小限にする為にも、できるだけ早めに上司に伝えるようにしましょう。

 

まとめ

コメダ珈琲でのバイトはメリットもあればデメリットもあると感じたことかと思います。きついと言われている内容に関しては、さまざまなので1人の方には苦痛でも、もう1人の方にとってはやりがいを感じる場合があります。

このように様々なきつさがありますが、結局は働いてみないと分からない部分が大半です。人間関係などお店によって大きく違いますし、忙しさなどもお店によって違います。

こちらの記事を参考にしていただいた上で自分がチャレンジしようと思えるようであれば、コメダ珈琲でのバイトはドリンクや食事も堪能できるのでオススメですよ。

-コラム

Copyright© バイト求人サイトの特徴や仕事内容・評判をまとめてみた , 2020 All Rights Reserved.